顔半分を透明にするとイラストは立体的になるか検証

kenny

立体的な絵が描けない
描いたイラストが平面的な気がする

kenny

と言う場合が多くありました

そこで、

MEMO
描くイラストが平面的だったとしても、立体的にできる方法を考察してみました

まず結論として、

顔の半分を透明にしてグラデーションを入れると、立体感は増す

作成したイラストが以下の通り

1:スケッチ→ベクター化

いつも通りの描き方になりますが

Procreateでイラストの下書きを作成

そこから、Adobe illustrator drawでベクターデータ化します

iPadで作るベクターデータからPCのイラレへの変換はこちらをご覧ください

Adobe Illustrator drawからAdobe illustratorへデータの移し方

2:顔の一部を透明にする

kenny

顔を透明にする?は?

と思われるかもしれませんが

要するに、どう言うことかと言うと

顔にグラデーションを入れる

注意
このときに、グラデーションを入れていない顔の部分の不透明度を少し下げておきます

上から模様を乗せる

これだけでも、かなり立体感と、不思議なイラストの匂いが漂ってきますね

装飾を施す

分かりづらいかもしれませんが

球体をイメージして、顔に薄いブルーのグラデーションと

ドット柄の装飾を施します

この最後の工程は、するもしないも自由ですが

顔の皮膚パーツを別々に手を加えるだけでも、立体感が出ますし

少し変わったイラストも演出できるかと思います

まとめ

 

顔半分を透明にすると、イラストは少し立体的になる

手順1
ベースのイラストを用意
下書き、ベクターイラスト
手順2
顔の一部を編集
部分的に不透明度を下げる、グラデーションを入れる
手順3
グラデーションの上に模様を乗せる
半透明にした顔パーツとグラデーションを描けた顔パーツの間に模様を乗せる

 

次回の検証は「イラストにグロウ(光)を乗せるとクオリティが上がるのか」です