躍動感のあるイラスト描くなら、ポージンングで解決できる説

 

kenny

今回はイラスト実験日記です!

 

人物を描くイラストレーターの人で

なんかイラストが平面的だな〜

kenny

って思う時がありませんか?

 

何を隠そう、自分もその事で悩むことがありました

そこで今回は

「ポージングを変えるだけでイラストに動きが出るのか」

を実験してみました

先に結論!

  • ポージングを変えるだけでイラストに立体感は・・・ほんのり向上する!

実験前のイラスト

 

いつもイラストを描くときは、モデルさんを参考にしてポージングをこんな風に決めるんですけど

なんかどうしても、平面的に感じてました

付け焼き刃に、手前に対象物としての「光」を置いて立体感が出ないかな〜と思って

やってみたのですが、イラストとして調和してる感じがしません

 

そこで、実験した方法は

体のパーツを画面の前後に分ける

 

どういうことかというと

こんな感じで、片足を画面手前に、対照にある片手を画面の奥に配置したポーズです

こうすることで、嫌が応にも躍動感は少し出ます!

 

ただし、これだけではもの寂しいイメージがします

 

そこで、さらに付け足しで

 

背景を前後に歪ませたものを配置する

 

せっかくダンスをしてるイラストだからこそ

躍動感をもっと演出してあげないともったいない!!!

 

ミラーボールのようなテクスチャーと、音楽が聞こえてきそうなカラフルな背景

 

それを合わせてできたのがこちら

ズボンのところに、ミラーボール

背景が、奥から手前に飛び出してくる演出のもの

 

躍動感のあるポージングにしても、イラストとして背景との調和がとれていないと成立しません

 

特に背景で

中心に光が集まるように、外側は少し暗めのグラデーションを入れてさらに強調を施します

まとめ

 

冒頭でも言いましたが

ポージングを変えるだけで躍動感はほんのり向上します

 

ですが、それだけではもの寂しいものがあるので、背景との調和をとるとより躍動感が強調される結果になりました

 

次回の実験日記は・・・

  • 顔面を透けさせると立体感は生まれるのか!?

です!