イラスト時短ブラシ販売中

【副業も本業も】イラストレーターが活躍できる市場まとめ9選

この記事で解決できる悩み

  1. イラストは描けるけど、どこで利益を出せばいいかわからない
  2. イラスト販売はやっているけど、他にどんな商品が作れるかわからない
  3. コミュニケーションが苦手だから、できるだけ商品販売で活動したい

Kenny

Clip studio assetsで4万以上の素材ダウンロード販売実績があります

今回は、こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

参考 参考ポーズ素材Clip studio assets

 

小町

イラストは描けるけど、どんなところで活躍すればいいか分からんのじゃ
確かに、活躍の場って自分で探すの結構大変だもんね!気づかないのもある

Kenny

小町

そうなのじゃ、、だから、どっかイラスト関連の仕事ができる場所教えてくれなのじゃ

 

というわけで、早速結論から

イラスト制作の前後までカバーできれば、仕事の幅は増える

それではいってみましょう!

イラストレーターの活躍できる市場まとめ

1:スキル販売

まずスタンダードなもので、イラスト制作の依頼を受けて、制作し、報酬が発生するサービスです

そのうち、イラストレーターが押さえておきたいのが以下の4つのサービスです

2:作品販売

作品販売の場所といえば、今や数多くの場所がありますが、今回は4つをピックアップします

3:グッズ販売

グッズ販売といえば、今は

オンラインでデータ入稿して、受注があれば工場が自動で制作してくれて発送もしてくれる

サービスが主流です

在庫も持たなくて良いというところも魅力的なので

そういったところをピックアップすると

4:素材販売

イラスト関連の素材販売といえば今は2強

BOOTHでは素材以外にも、作品もグッズも販売可能な上に海外販売も可能です

Clip studio assetsは作品は販売できませんが、宣伝をしなくてもある程度の販売数が確保できるぐらいにユーザーが多いのが最大の魅力です

5:ノウハウ販売

今まで培ってきた、ノウハウを文章や電子書籍としてまとめて販売するなら

こちらも2強

6:NFT販売

昨年から話題に上がっていた、NFT(Non-Fungible Token)とは非代替性トークン

簡単にいうと、他のものに変えれない唯一無二のデータ。確かな価値のあるデータのことです。

この仕組みとしては、基本的にはETH(イーサリアム)という暗号資産で、データが入札され、取引されるというシンプルなシステム

でも、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円もの価値がつけられるほどの、無形資産に対しての価値がしっかりと見出されています

7:ファンコミュニティ

定期的に、ファンの方に向けてサービスや、支援してくださった方に向けて新作の進捗状況を伝えたりなど

ファンの方との交流がメインのファンコミュニティ

こちらで有名なものが3つ

8:オンラインレッスン

ビデオ通話が当たり前の昨今

今まで、オフラインで行われていた、交流会やセミナーはオンラインにほぼ完全移行しております

そんな中で気軽に使えるサービスが

  1. LINE
  2. ZOOM

9:アフィリエイト

広告収入といえば、もはや聞き慣れた言葉ですが

何かしらの情報を発信していて、成功報酬型広告のサービスと連携しないのはもったいない!

そんな、ASPサービスを行っている代表的なところで且つ、イラストレーターと親和性の高いところがこちら

まとめ

と言うわけで今回は

イラスト制作の前後までカバーできれば、仕事の幅は増える

 

改めて、活躍の場をまとめると

  1. スキルとしてイラスト作成ならココナラ
  2. 作品販売ならBASE
  3. グッズ販売ならSUZURI
  4. イラスト素材販売ならBOOTH
  5. ノウハウ販売ならnote
  6. NFT販売ならOpenSea
  7. ファンコミュニティならpixivFANBOX
  8. オンラインレッスンならZOOM
  9. アフィリエイトならA8.net

 

以下の、お悩みが解決できれば幸いです

  1. イラストは描けるけど、どこで利益を出せばいいかわからない
  2. イラスト販売はやっているけど、他にどんな商品が作れるかわからない
  3. コミュニケーションが苦手だから、できるだけ商品販売で活動したい